ウォークインクローゼットを設置して後悔しないためには?押さえておきたいメリット・デメリット

ウォークインクローゼットを設置して後悔しないかと考えている方もいるでしょう。設置して失敗しないために、自分の生活スタイルと住宅とのバランスが取れたウォークインクローゼットの種類を選ぶことが大切です。また、メリット・デメリットを押さえて自分に本当に必要かどうか判断しましょう。

この記事では、ウォークインクローゼットの種類やメリット・デメリット、向いている人を解説します。大切なリフォーム費用または住宅を建てる費用を無駄にしないためにも、ぜひ最後までお読みください。

ウォークインクローゼットの種類

レイアウトと収納によってウォークインクローゼットは、種類が分けられます。ここからは、それぞれの種類を解説します。

レイアウトの種類

ウォークインクローゼットのレイアウトの主な種類は、4種類です。

・I型(アイガタ)
・II型(ニガタ)
・コの字型
・L字型

それぞれの特徴を解説します。

I型は、通路の片側だけに販売ハンガーパイプや棚を設置するタイプです。少ない空間でウォークインクローゼットを設置できることが、1番のメリットです。

II型とは、壁の両面に棚やハンガーパイプを設置したタイプです。左右の棚やハンガーに洋服を季節ごとに分ける、夫婦ごとに分けるといった使い方ができます。

コの字型は、通常の両側の収納に加えて奥の壁の3面に収納できるタイプです。4つのタイプの中で、一番収納力があります。棚やハンガーラックに囲まれた中心に空間ができ、鏡を設置して着替えスペースとしても使えます。

L字型とは、片側と奥の壁に棚やハンガーパイプがあるタイプです。縦長の空間が確保しにくく、ウォークインクローゼットの設置が難しい方にも向いています。

収納の種類

ウォークインクローゼットは、レイアウトの種類の他にも収納の種類によって3つに分かれます。

・ハンガーメインタイプ
・収納棚メインタイプ
・ユニット棚タイプ

それぞれの収納方法を解説します。

ハンガーメインタイプは、壁側にハンガーパイプを設置したタイプのウォークインクローゼットです。ハンガーパイプを設置するだけなので、狭いスペースでも設置できるメリットがあります。シャツやコートの収納や、多くの洋服を所持している方におすすめです。

収納棚メインタイプは、ウォークインクローゼット内部の壁全面に棚が設置されているタイプです。マフラーや靴などの小物や、季節ごとの服を衣装ケースに入れたまま収納できるメリットがあります。モノが多い方や家族が多い方にも向いているタイプです。

ユニット棚タイプは、市販のユニットキャビネットを設置するタイプです。棚板や収納ボックスを組み合わせて、様々な収納方法を選べることが特徴です。キャビネットはさまざまな種類が販売されているため、自分の理想に合ったウォークインクローゼットを設置できます。

ウォークインクローゼットのメリット

ウォークインクローゼットには2つのメリットがあり、それぞれのメリットを紹介します。

収納スペースが広がる

ウォークインクローゼットの一番のメリットは、収納スペースが広がることです。一般的なクローゼットは1~2畳ほどですが、ウォークインクローゼットは3~4畳の広さが多く、約2倍の収納スペースを確保できます。広い空間を確保するため、スーツケースやゴルフバッグなどの大きなものも収納可能です。

衣替えの必要がない

ウォークインクローゼットは広い収納スペースを取れるため、季節ごとに分けて収納できます。衣替えの必要もないため、洋服の管理も楽になるでしょう。多くの洋服や小物を一目見るだけで把握できるので、急激な気温の変化で必要にとなった季節の洋服も探しやすくなります。

ウォークインクローゼットのデメリット

メリットも多いウォークインクローゼットですが、デメリットが2つあります。

生活スペースが狭くなる

ウォークインクローゼットは広い空間が必要のため、生活スペースが狭くなるデメリットがあります。ウォークインクローゼットは人が出入りするぐらいのスペースが必要となり、住宅に空いているスペースがなければ、場所を圧迫してしまいます。住宅の設計図をよくチェックしてから、場所の調整をしましょう。

一般的なクローゼットよりも設置費用が掛かる

ウォークインクローゼットは、一般的なクローゼットよりも設置費用がかかります。たとえばウォークインクローゼットは広いスペースが必要となり、照明の設置が必要です。照明を設置する際は、衣類などが触れると火災の原因になってしまうため離れた場所に設置する必要があります。また、棚を設置する場合は、ハンガーポールの設置だけで済むクローゼットに比べて、費用がかかってしまうでしょう

ウォークインクローゼットの設置が向いている人

ここからは、ウォークインクローゼットの設置が向いている人を紹介します。

大型の荷物が多い人

大型の荷物が多い人は、ウォークインクローゼットの設置に向いています。たとえば出張が多くスーツケースを頻繁に使う方や、趣味でゴルフをする方におすすめです。また、クリスマスツリーやひな壇など、かさばる季節ものの収納にも向いているでしょう。

2人以上で住む人

2人以上で住む人は、収納力のあるウォークインクローゼットの設置が向いています。また、子どもが幼く持ち物の管理ができない時期は、家族全員分の衣類をまとめて収納できるファミリークローゼットとしての利用もおすすめです。

まとめ

ウォークインクローゼットは、レイアウトと収納方法によって種類が異なります。収納スペースが広がるメリットがある一方で、生活スペースが狭くなるデメリットがあります。大型の荷物が多い人は、ウォークインクローゼットの設置が向いているでしょう。ウォークインクローゼットが本当に必要かどうか考えてから設置しましょう。

不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか
不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか

初めての不動産購入や売却など、不動産売買をトータルサポートします。
相続や資産処分など、法務・税務に関係する内容についてもお気軽にご相談ください。

不動産購入なら仲介手数料不要のリバリノ!
リバリノ物件一覧はこちらから

無料相談はこちら

スタッフ紹介

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2024.1.30

団体生命信用保険に入れない病気とは?入れない場合の対処法を解説

「団体信用生命保険に加入したいけれども、持病があって加入できるか心配」 「団体信用生命保険に入れない場合、どうすればいい?」 住…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る