暮らし運気アップ

風水コラム|自宅に不満がある人は約6割!?「住み替え」は人生の流れを変える大チャンスです


(フジワラユカ/コンテンポラリー風水コンサルタント)

巣ごもり時間が増えたこの2年で、「自宅が手狭に感じる」「居心地よく過ごすことが難しい」と感じたことはありませんか?2021年の「くらしのマーケット」調べによると、住んでいる家に対して「不満がある」と回答した人は54%にのぼるそう。
家にいる時間が長くなり、リモートワークやオンライン授業など、想定しなかったシーンが加わることで、住まいのちょっとした不満が見逃せないことになる可能性は大いにあります。特にリラックスできる時間、活力を養う時間などは必要不可欠。自宅が住む人に与えてくれていた便益が受け取りづらくなったときは、住み替えも検討に入れてみてください。自宅の環境は人生のインフラ。人生を良い流れ、新たなステージに導くチャンスでもあります。

8回の引っ越し。住み替えしながら「ステージアップ」を実現

これは私のお話です。社会人になってから8度の住み替えを経験し、自分の成長とともに住まいのグレードも少しずつ上げていきました。ちょうどヤドカリが、これからの成長に合わせて貝殻を大きくしていくように。結果、周囲からの評価や経済的な豊さにも恵まれていきました。住み替えは人生に充実感を与えてくれていたと実感できます。グレードアップした空間、またはアップデートされた住まいの空気、雰囲気、周波数を浴びることが、人生にも良い変化をしっかり与えてくれていたことを風水の専門家としても確信しています。長く暮らしている家の中でも換気や部屋のインテリア、アレンジを定期的に変えていくことで同様の効果を期待できますが、室内も周辺環境も大きく変わる住み替えの作用は大変パワフル。人生を楽しみたい人には大変おすすめなのです。

ライフステージに合わせた「住み替え」はメリットの方が大きい

就職・結婚・出産・転勤・転職・独立・子の巣立ち・退職・死別・離婚・再婚…など、ライフステージ(人生の節目)は、住み替えを考えるタイミングでもありますよね。例えば結婚する場合、パートナーのどちらかの家に引っ越すよりも、新たな住まいを選択する方が良いのです。その理由は、元々住んでいる人のエネルギーに支配される空間では、二人の対等で新しい住環境が作りづらくなるからです。また、成人になってからも子どもの頃と同じ空間で過ごしているのも良くありません。子ども時代のままの環境に浸り続けることは、社会的な自立を妨げるからです。ライフステージが変化する時には、お部屋にも変化が必要です。可能であればその時にあった住み替えを考え、新たな暮らしを楽しんでいきましょう。そうした意識と行動がより良い人生の流れを引き寄せていきます。

ガラクタを取り除き、必要なものだけが残ると人生の流れもスムーズに動き出す

住み替え、引っ越しが人生に利益をもたらすもう一つの理由は「断・捨・離」ができること。もしもあなたが、不要なもの・使う予定のないもの・価値がなくなったものと多くの時間と空間を共有しているとしたら大変勿体無いことです。車で言うならば非常に燃費の悪い車。本来のあなたのポテンシャルがあまり引き出されていない状態です。
半分強制的ですが、引っ越しにより不要なものや無価値なものを手放していくことができるため、結果、人生を好転させる大チャンスとなります。ライフステージが変わるタイミングで、自分の持ち物を見直し、卒業して良いものはどんどん手放していきましょう。空間の障害物が取り除かれると人生の流れもスムーズに。好ましい変化が訪れます。

現在の状況が「イマイチ」だと感じとき、住み替えは大きな選択肢

ライフステージが変わる時に限らず、住む環境を変えることは「停滞感」から抜け出し、新たな幸福感、充実感とつながるきっかけになっていきます。とはいえ、環境変化がストレスになることもあるため、住まいを選ぶ際には、周辺環境が自分や家族に合うかどうかをしっかり確認してください。実際に歩いて、空気や音、人々の様子を観察してみましょう。間取りも必ず内見するようにしてください。同じ間取りでも、フロアや位置が違えば空間の雰囲気は変わります。この間取りなら全て幸せになれる、と言うようなことではありません!空間を見るときは直感、五感を頼りにすることも大変重要です。なんとなく「イマイチ」と思っている人は、ぼんやりとでも「住み替え」について意識し始めてみて。選択肢があることがわかると気持ちも楽になります!

(風水コンサルタント フジワラユカ)