暮らし

きれいをキープ! 習慣にしたいキッチン掃除のコツ

きれいをキープ! 習慣にしたいキッチン掃除のコツ

キッチンと言えば、家の中でも掃除が大変な場所の一つですね。
水や油を日常的に使う場所なのでどうしても汚れやすく、汚れがたまってしまうと落とすのも一苦労です。

きれいな状態をキープするには、使うたびに小まめな掃除を心がけるのがおすすめです。
手間がかかると思われるかもしれませんが、落としにくい汚れが溜まってから時間をかけて掃除するより、はるかに効率が良くなります。
ここでは、日頃から心がけたいキッチン掃除のコツをご紹介します。

キッチンの床や壁は小まめな水拭きがおすすめ!

水はねや油汚れにほこりやゴミなどが吸いつけられて、ベトベトとした汚れが気になりやすいのがキッチンの床や壁です。

一日一回、夕食の片付け後などにサッと水拭きする習慣を付けておけば、さっぱりとした状態を保つことができます。
汚れがこびりつく前なら、水拭きだけできれいになりますよ。
油煙で油汚れが付きやすいレンジ付近の壁は、できれば調理するたびに水拭きするのがおすすめです。

ガスコンロは余熱を利用してきれいに

油汚れが付きやすいコンロまわりは、調理に使った直後、まだ余熱が残っているうちに濡れタオルで拭き掃除すると手軽に汚れを落とせます。

ただし、やけどしないように十分に注意してくださいね。コンロの使用後に油汚れを拭き取るためのボロ布などを用意しておくと便利です。
汚れがひどいときは台所用洗剤をつけて拭き取りましょう。

受け皿やゴトク、グリルなどは毎回とは言いませんが、なるべく小まめに水洗いするよう心がけてください。

食器を洗ったらシンクの掃除も

食器を洗ったらシンクの掃除も

シンクまわりは水垢などが目立ちやすい場所です。こちらも使うたびにサッと掃除しておけば汚れにくく、きれいな状態を保つことができます。

食器洗いの最後に軽く掃除する習慣をつけましょう。
食器用洗剤を付けたスポンジでこすり洗いした後、水で洗い流し、最後にからぶきするだけです。
時間がないときは、からぶきだけでもしておくと水垢が付きにくくなります。

まとめ

キッチンをきれいに保つために、日頃からできる掃除のコツをご紹介しました。
こうした毎日の軽い掃除を行っていたとしても、定期的な大掃除は必要になるかもしれませんが、その際の手間はかなり少なくなるはずです。

また、日頃からきれいな状態を保っていれば、キッチンの設備を長持ちさせることにもつながります。
習慣にすればそこまで大変ではないので、ぜひ始めてみてください。