中古マンション購入

40代・50代がマンション購入をする際のポイント

40代・50代がマンション購入をする際のポイント

40代、50代の方がマンションを購入する際は、20代、30代でマンションを購入する場合とでは異なるポイントに注意しなくてはいけません。
ここでは、40代、50代がマンションを購入する際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

繰り上げ返済やボーナス払いを活用する

マンションを購入するのであれば、ほとんどの方が住宅ローンを利用することになると思います。住宅ローンは定年退職までの完済を目指して借り入れすることが鉄則です。
40代、50代であると、定年退職までの期間が短く、月々の返済額が20代、30代に比べて高くなります。月々の返済額が高いと生活が難しいというのであれば、返済額を低くし、繰越返済やボーナス払いを利用し、お金に余裕があるときに多く支払って定年退職までの完済を目指しましょう。
定年退職までに完済するのとしないとのでは、老後の生活の余裕に大きな差が出るものです。ほかにもできるだけ頭金を出すなどし、返済期間が定年退職後にまで食い込まないように意識しましょう。

ペアローンや親子ローンを利用する

自分一人の借り入れではローンの完済が難しかったり、希望のマンションを購入できなかったりというような場合には、家族で力を合わせて住宅ローンを返済するというプランもあります。
40代、50代で共働き夫婦であれば、夫婦が共有で住宅ローンを組み、2人で一緒にローンを返済する、ペアローンという選択肢がおすすめです。通常のローンよりも借り入れ限度額が高くなり、一人での借り入れでは購入が難しいマンションでも購入することができるようになります。
働いているお子様がいるのであれば、親のローンを子どもに引き継ぐ親子ローン(リレーローン)がおすすめです。リレーのように親から子へ債務を引き継いでいくローンで、親の年齢が80歳になった時点から、債務が子どもへ移ります。自分が購入したマンションに将来は子どもたちが住むという計画であれば、親と子どもで力を合わせてローンを返済していくのも選択肢のひとつになるでしょう。

通勤に便利なマンションを購入する

ここでまでローンのことについてお話してきましたが、最後に40代、50代が意識しておきたい購入マンションそのものの特徴についてご紹介します。
40代、50代でマンションを購入する場合、どうしても「終の棲家を購入する」という意識を持ってしまい、少々駅や市街地から遠くても、静かで緑の多い立地のマンションを選んでしまいがちです。もちろんそのような点にこだわるのも重要ですが、40代、50代はまだまだ10年近く働くことになります。通勤に便利な立地のマンションを選ぶことは必須と言えます。
一般的に通勤に便利というのは街へ出やすいということにもなりますから、老後も気軽にお出かけをしやすくなります。また、いずれ売却や賃貸としての貸し出しを予定しているのであれば、やはり通勤に便利な立地というのは重要なポイントです。

40代・50代がマンション購入をする際のポイント

まとめ

「40代、50代になると、もうマンションを購入するのには遅すぎるかな」と不安になる方もいるかもしれません。もちろん、40代、50代でマンションを購入することは、20代、30代で購入するのとは少々事情は異なります。しかし、だからといって購入するのに遅すぎることはありません。ポイントを押さえれば40代、50代でもマンションを購入することができます。
40代、50代でマンションを購入したいと思っている方は、ここで紹介したポイントを参考にしてください。