マンションでおすすめの防音対策とは?ポイントを紹介

「隣の人の生活音がうるさくて眠れない」
「済んでいるエリアが再開発地域に指定されてしまい、工事音が止まない」

そのような騒音の悩みで頭を抱えていないでしょうか。防音アイテムを試しても、効果を感じない方もいるでしょう。その原因は、騒音に合わせた防音対策ができてないからかもしれません。

そこで今回は、音の発生源別に有効な防音対策をアイテムごとに紹介します。マンションで静かにストレスなく過ごすために、ぜひ最後までお読みください。

防音対策前に押さえておきたい吸音・遮音

防音には、吸音と遮音の2つの対策が含まれます。ここからは、2種類の防音について紹介します。

吸音

吸音とは、音を吸収するアイテムを使って、音を小さくすることです。小さな穴が開いている素材は音を取り込み、穴に入り込んだ音が収縮されることで音を吸収します。吸音する素材は、ロックウールやグラスウール、ウレタンなどです。

吸音素材をしっかりと使うと、室外に音が漏れず、室内では音がクリアに聞こえます。しかし、過剰に吸音対策をしてしまうと、音の反響がなくなってしまいます。映画を見ていても、臨場感がなくなり、物足りなくなることもあるため、吸音対策をするときは気をつけましょう。

遮音

遮音とは、空気中に伝わる音を遮って、音を小さくすることを指します。遮音性の高いものほど音を跳ね返し、聞こえる音量が小さくなります。

遮音する素材として、鉄板やコンクリートなどが用いられます。重量が重く費用がかかるものが多いため、マンションの建設中に使用されることが一般的です。遮音性を高くしすぎると、必要以上に室内の音が反響してしまうことも少なくありません。

【対策箇所別】マンションの防音対策をするアイディア


ここからは、部屋の箇所ごとにマンションの防音対策のアイディアを解説します。

上の階の人の足音や、生活音が気になる人も多いでしょう。ライフスタイルはマンションの住人ごとに異なるため、寝ているときに生活音が聞こえて睡眠の妨げになることも少なくありません。

周囲に音を伝えない対策として、まずスリッパを履いたり、防音マットや防音カーペットを敷くのがおすすめです。クッション性が高く、足が床につくときの衝撃を吸収し、音を伝えるのを和らげます。

子育て世代には、ジョイントタイプの防音カーペットがおすすめです。色鉛筆やクレヨンで汚したり、食べ物をこぼしたりしたときには、その部分だけ外して洗濯できます。

周囲の部屋の音が気になるときは、壁側に家具を設置する方法がおすすめです。大きな家具であれば、厚みがある分、音を隔ててくれます。

もし、家具の配置を変えても音が気になるなら、壁に遮音シートを貼り付けるのもおすすめです。ホームセンターで販売している遮音シートであれば、簡単にすぐ貼り付けられます。またシート以外にも、パネルタイプも販売されています。

パネルタイプは、レンガ調のものや木目調のものなどデザイン性が高く、部屋のテイストに合わせて選べます。遮音シートを壁一面に全て貼り付けるにはまとまった費用がかかるため、どのぐらいの範囲に必要なのか予算を考えながら検討しましょう。

近くのマンションの工事や幹線道路や電車などの音が気になるときには、窓に防音・遮音カーテンを設置しましょう。

防音・遮音カーテンは普通のカーテンより厚みがあり、特殊な生地で作られているため音をさえぎります。また紫外線をカットできる遮光効果や、エアコンの節電につながる断熱効果もあるのがメリットです。

防音対策をDIYするときのポイント


自力でDIYを行い、防音対策をしたいときには押さえておきたいポイントがあります。ここからは、DIYのポイントを2つ解説します。

防音シートを貼る場合は隙間を作らないようにする

防音シートや防音パネルを壁に貼り付けるときは、隙間を作らないようにしましょう。隙間があると、そこから音が漏れてしまい、せっかくDIYしたのに効果がありません。

複数のシートを貼り付ける場合は、隙間がないように重なるように設置することがポイントです。

DIYするときは周囲の音に気を付ける

DIYする際には、大きな音をたてないようにしましょう。家具の移動をするときには、下の階に音が大きく響いてしまいます。

なるべく音が響かないように、床に直置きするのではなく、カーペットの上に置いたり、なるべく音を立てないように気をつけることが重要です。また、DIYするときには、周囲の部屋の人に迷惑が掛からないような時間帯に行うことが大切です。

まとめ

マンションで防音対策をして快適に生活するためには、吸音と遮音のバランスを取りながら行うことが大切です。防音対策をするときには、DIYの音で周囲の人に迷惑をかけないようにしましょう。もし防音アイテムを設置しても騒音に悩まされているなら、リノベーションするのはいかがでしょうか。

リバティーエステートでは、防音対策になるリノベーションプランをご紹介します。お客様のお好みに合わせた5つのプランから選べるため、理想の暮らしができるでしょう。

不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか
不動産のエキスパートに無料で相談してみませんか

初めての不動産購入や売却など、不動産売買をトータルサポートします。
相続や資産処分など、法務・税務に関係する内容についてもお気軽にご相談ください。

不動産購入なら仲介手数料不要のリバリノ!
リバリノ物件一覧はこちらから

無料相談はこちら

スタッフ紹介

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2023.10.6

シューズクロークとは?使い方や後悔しないためのポイントを解説

「シューズクロークとシューズクローゼットの違いは?」 「シューズクロークを設置して、後悔しないか不安」 リノベーションするときに、シ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る