中古マンション

しっかりと人生を歩むために整えたい家の中心の風水術


(記事:フジワラユカ/コンテンポラリー風水コンサルタント)

これまでのコラムで、風水で示す人生の幸せのテーマ(バグア)について解説をしてまいりましたが、今日はそのシリーズの最終回。8つのバグアの空間に囲まれた「中心」のエリアについてお話したいと思います。

最近地に足がついていない、いつも忙しくてバタバタしている、物事がちぐはぐしている感じがする…、という方はぜひお読みください。家の「中心」の状態が関係しているかもしれません。

流されずにしっかりと自分の軸を持って生きることを求めるなら家の中心を整えましょう


間取り図をみて、お部屋の中心部分がどのあたりにあるか確認してみてください。
ほとんどのお宅においては、真ん中部分は大きな欠けがなく存在していると思います。真ん中が中庭になっているお宅では、中庭という空間がありますから、欠けではありません。中庭の特徴を観察し、整え方を工夫してみてくださいね。

西洋風水の流れをくむコンテンポラリー風水では、方位や地形ではなく、玄関を起点にしてエネルギーが流れていくという考え方をとります。
お部屋の中心は、家に入ってきたエネルギーのバランスを整え、8つのバグアのエリアへの中継地として司令塔のような役割を担っています。家の中心にバランスを整えるエリアがあることをまずは感じてみてください。

ちなみに、西洋風水では家の中のどこにどのテーマをサポートするエリアがあるかを「バグアマップ」というもので示していますが、より厳密にこのバグアマップをお宅に当てはめたいときは、あなたの家を均等に9つのセクションに分割し、前後に3等分、左右に3等分します。「中心」は9マスの中心に位置します。

家の中心のイメージは水平線に広がる大地

「グラウンディング」という言葉をご存知でしょうか。ヨガやヒーリング用語でよく使われますが、地球の中心と自分のエネルギーをつなげ、「地に足をつけて現実を生きること」を意味しています。家の中心エリアは、まさにこのグラウンディングをサポートするエネルギー空間です。

家の中心はそこで暮らす人のグラウンディングと強く関係しているため、部屋の中心エリアの状況を観れば、どのくらい自分の中心軸を持って生きられているかということが見えてきます。

あなたの家の「中心」のエリアの状態は、あなたをとりまく事象すべてのバランスに影響を与えていきますから、大きな障害物が中心にあったり、散らかっていたら、元気がわかなかったり、今ひとつうまくいかないという状態にあるかもしれません。

「家の中心」を整えるとこのような効果が!
・自分の軸がしっかり感じられ、存在感が増す
・生活に安定やバランスがもたらされる
・縁や機会に恵まれやすくなる
・健康面、メンタル面が良好に保てる

どれも人生において必須ですよね。安定やバランスを欠いているかもしれないと思う方は、以下のヒントをぜひ参考にしてみてください。

「家の中心」におすすめの風水アレンジはこちら
家の「中心」には陰陽五行の「土」のエネルギーが集まります。土や大地のイメージは、色でいうとアースカラー。サンドベージュ、黄色、カーキなどが代表色です。「白木」のフローリングも「土」の色になりますので、中心部分には向いています。また、素材では土を焼いて創るレンガ、テラコッタ、セラミックなどを配置することでよりエネルギーを高めることが可能です。また、広がる大地のイメージのごとく、「四角」が形においてはシンボルになっています。

・アースカラー、サンドベージュ、黄色、カーキ、明るめの土色
・土からつくられた陶器、陶磁器
・テラコッタ、レンガ、タイル
・四角形や長方形のもの
・広がる大地のイメージ

色や装飾をあくまでアクセントとして空間に施すことで、「中心とバランス」についてより意識しながらグラウンディングすることができると思います。常に美しさと機能性を重視して、空間に合ったものを選んでみてください。

「家の中心」には重いもの、上下に動くものに留意しましょう
家の中心部分は重いものや視界を塞ぐものを置かず、広く見渡せるように保つことがポイントです。大地のごとく水平線まで見渡せて地に足をつけている感覚になるよう心がけてみてください。これから新しく家を購入、または新築する場合には、中心部分にエレベーターや階段がないほうがおすすめです。エネルギーが上下するとバランスがとりづらくなりますので、ご留意ください。

足の踏み場がないと、地に足がついていない状況を招きやすい

私のコンサルティング事例でも、個人宅やオフィスで中心部分の床が散らかっていたり、床に敷かれたジョイントマットがずれてしまっているケースをいくつかみてきましたが、ほぼ100%、クライアントさんは「バタバタしている」「地に足がついていない」と訴えられていました。わかりやすいほどに、「中心」の状態は写し鏡ですね。
お部屋の課題を解消していくことをきっかけにして、課題に感じている現状から好ましい方向に流れを創っていきましょう。

今回は「中心」についてお話しましたが、あらためて他のバグアの風水術についてもヒントにしてみてくださいね。