中古マンション購入

シングルマザーがマンションを購入するメリットとは?

シングルマザーがマンションを購入するメリットとは?

シングルマザーの方は、賃貸物件に住んでいるケースも少なくないのではないでしょうか。
しかし、賃貸ではなくマンションを購入することにより得られるメリットもあります。

ここでは、シングルマザーがマンションを購入するメリットをご紹介します。

(1)賃料よりも支払い額が安くなることがある

同じ条件で賃貸物件の賃料とマンションの支払い額を比較した時、ローンの支払い額のほうが安くなることがあります。
毎月の出費を考えるとマンションを購入したほうがお得だと言うこともできるでしょう。

ただし、ローンは長く続きます。
支払いが生活にも精神的にも無理がないような返済計画を立てることが大切です。

(2)更新料がかからない

賃貸物件の場合、2年ごとに契約更新料がかかります。
住む場所は一生必要です。
長く賃貸物件に住むと、その分の更新料を払い続けることになり、引っ越しすると敷金や礼金もかかります。
長く見ると相当な額です。

ただ、マンション購入には維持費として管理費や修繕積立金がかかります。
トータルとしての支払い金額を考えて検討しましょう。

(3)子どもに資産を残すことができる

子どもに資産を残すことができる

シングルマザーの方の中には「もしも自分に何か起きたら、子どもの将来はどうなってしまうのだろう」という不安を感じていらっしゃる方もいらっしゃると思います。
賃貸物件に住んでいた場合、賃貸物件を子どもに資産として残すことはできません。
一方、マンションを購入した場合は、住宅ローンを組む時に団体信用生命保険という保険に入ります。
債務者、つまりこの場合はシングルマザーが万が一の事態になり、子どもが遺族として残ってしまっても、ローンの残債はこの団体信用生命保険で支払われるため、ローンの残債がないマンションを残すことができます。

つまり、残された子どもにマンションという資産が残るということです。
子どもに形のある資産を残せるという点でも、シングルマザーがマンションを購入する意味は大きいのです。

シングルマザーでもマンションは購入できる

「マンション購入にメリットがあると言っても、シングルマザーではマンション購入なんて無理!」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、シングルマザーだから無理だというわけではありません。
大切なのはローンの審査に通るかどうかです。
年齢、勤務形態、他の借り入れなどを総合的に判断した上で、安定した収入があるかどうかが判断基準になります。
少しでも出費を抑えたい場合は、新築マンションより低価格の中古マンションという選択肢もあります。

ライフスタイルの変化に対応できるように

マンションを購入したとしても、将来再婚したり、ライフスタイルが変わり、ずっとそこに住み続けるかは分かりません。
そうなるとせっかく購入したマンションを手放すことになるかもしれません。

そのような変化に対応できるよう、将来売却することも考えて、できるだけ利便性が高く人気の場所を選ぶことをおすすめします。